もうのぼりで困らない!

のぼりを設置するメリットについてです。手軽さやコストパフォーマンスの良さ、宣伝効果の高さなどがメリットです。

off
2018年2月1日 販促目的以外ののぼり

販促目的だけでないのぼりの利用法

のぼりは販促目的だけではありません。

最近では販促目的以外でものぼりが利用されるようになっています。

販促目的ではないのぼりの利用法には、どのようなものがあるのでしょうか。

◎結婚式での演出に

結婚式の演出にのぼりが使われたことがあります。

披露宴会場の入り口に新郎新婦の写真とウエディングレセプションという文字が印刷されたのぼりが立ててあるのです。

あまりない演出なので、とてもインパクトがあったと言われています。

参加者の多くが、印象に残ったと言っていたそうです。

◎家紋を入れるのもアリ

冠婚葬祭と家紋には意外と深い関係があります。

【関連記事】意外と知られていない、冠婚葬祭などの儀礼と家紋の深い関係 – エキサイトニュース(1/2)

なので結婚式の演出に使う時に、新郎の家の家紋を入れて作ったオリジナルのぼりも人気があります。

披露宴の時に新郎新婦の後ろに立ててあると、厳かな雰囲気になり、年配の参加者には好評のようです。

◎みんなに楽しんでもらえます

結婚式に参加するのは、カップルの幸せそうな顔を見ているこちらまで幸せな気分になるので良いものですね。

最近では、参加してくれた人全員に楽しんでもらえるような工夫がされています。

そこで他と違った結婚式にするためにオリジナルののぼりを作って立ててみるなど、自分たちをアピールするためにのぼりを作る人も増えてきました。

オリジナルのぼりは、個人で注文することも可能となっていますので、誰でも作れるのです。

結婚式に使う方法として、カップルには内緒でふたりにお祝いという形で参加者からオリジナルののぼりをプレゼントするのも面白いですよ。