もうのぼりで困らない!

のぼりを設置するメリットについてです。手軽さやコストパフォーマンスの良さ、宣伝効果の高さなどがメリットです。

off
2020年4月10日 のぼりを支える台

おすすめはコレ!どんなサイズにも対応できるのぼり台は注水式

のぼりの台には、注水式やコンクリート式、スタンドタイプなどさまざまありますが、その中でもとくに便利でおすすめなのが注水式です。

ここでは、注水式のおすすめポイントについて解説します。

◎注水台のサイズ

まず、注水式の一番のメリットは、あらゆるサイズののぼりに対応できることです。

注水式の台は水を入れていない状態だと1kg前後と超軽量ですが、満水にすると10kg、大きなものだと20kgもの重さになります。

そのため、スリムタイプやコンパクトタイプののぼりから、しっかりとした土台が必要なジャンボサイズののぼりまで対応できるのです。

注水式の台を購入しておけば、今後どんなのぼりを作ることになっても使えるので損はありません。

◎持ち運びが便利な注水台

また、注水式は軽量だから、女性や高齢者など力の弱い方でも扱いやすいのも嬉しいポイント。

水を入れない状態で設置場所まで運び、ホースで注水すればOKなので、体に負担はありません。

片づける際も、水を抜くだけで軽くなるため安心です。

のぼりをずっと置いたままにしない場合は、注水式にしておく方が良いでしょう。

◎注水台にかかる費用

注水式は非常にリーズナブルです。

相場は1個1,000円前後で、安いものだと数百円で購入できます。

このようにとても安いから、販促効果を狙ってちょっと店先に置いてみようという、初めての方には最適です。

注水式の台は、ネットショップなどで手軽に買えるので、のぼりを導入するなら一緒に検討してみましょう。

のぼりとセットで購入すると割引してくれるお店などもあるので、実際にはかなりお安く手に入れることができるはずです。